【体験会レポート】ICHIHARAフラットランドスケートボード VOL.2「鼓動」

ICHIHARAフラットランドスケートボード VOL.2「鼓動」
     ~groove it ~ in スケートコートオリプリランド 
「Freestyle skateboard contest」&「Game of skate(スケートゲーム)」&「スケートボード体験会」

それでは、最後に体験会リポート。そして総括。

スケートボード体験会のエントリーを開始したのが、11月上旬でした。
受付方法は、チームのBLOGと公園センターの受付にて。
管理センターでの受付状況は順調でしたが、
残念ながらBLOGでは、受付成果が出ませんでした。
それでも当日までには16名受付(管理センター)していただいてました。
そして当日受付では24名を受付し、全40名となりました。
前回の企画では体験会を2回とし、その1回に月20名~30名
でしたが、今回は時間の関係上、体験会1回(30分間)になった為か40名という人数。
嬉しい悲鳴となりました。
 
GAME OF SKATE 優勝 石井君と参加者
  
私達のスケートボード体験会の特徴は、これから始めようと思っている初心者の方々が、
イベントの大会にて、各種目の選手のプレイする姿を目の前で見て感じ、
そして直にその選手達からスケートボードでふれあえる。という事です。
また、これは選手自信の育成のためでもあります。
選手自身も人にスケートボードを説明することにより、
自分自身のスケートボードの理解を再点検できると考えているからです。
 
アマチュア選手最年少のスケートボード解説
 
ビギナー選手も教わってきた事を伝えながら
自ら再確認
シニアの選手は解説上手ですね。
TEAM ICHIHARAスタッフも
体験会の企画・運用には、前回から課題を感じスタッフ相談をしてきましたが、
体験会参加の皆様全員にスタッフが間に合わない等、申し訳ありませんでした。
体験会の企画についてもスタッフ反省し、今後に生かして参りたいと思います。
 現在、TEAM ICHIHARAでは、「まるごみ市原×TEAM ICHIHARA」という事で、
毎月第3日曜日にゴミ拾いをやっています。
スケートパークはもちろん、公園全体を参加者で分担して、
30分~45分行っております。
BAYFMの毎週土曜日の朝の放送では、DJーKOUSAKUさんが
「まるごみ」を放送しています。番組 ハートラック
当日、「まるごみ」プログラムは時間の関係上行いませんでしたが、
ゴミ拾い活動等の報告と協力の呼びかけをさせて頂きました。
 最後になりますが、怪我も無く無事にイベント終了しましたが、
やはり前回同様に企画・運営に反省点が残る事となりました。企画・運営するうえで、
最低限知っていないといけない知識や、常識。時間管理・スケジュール管理・作業規模の割り出し等。
またスタッフの配置と必要人数等。やはり全体的ですね。撮影も。
 しかしながら、今回イベント企画・運営経験の中、具体的に改善点が感じ取れる瞬間があったと考えます。
この経験を今後に生かし、また機会があれば是非企画させていただければ幸いです。
主催の上総更級公園様。
協力協賛、FScom様。
そして選手・イベントスタッフとして協力していただいた皆様。
本当にありがとうございました。お疲れ様でございました。
それから、レッドブル様
レッドブルガールの来訪ありがとうございました。
写真がなくて申し訳ありません。<(_ _)>
また、機会があれば是非企画させていただければ
幸いです。スタッフ強化して臨みます。
TEAM ICHIHARA  代表 早川公雄
*ここで、スタッフ紹介です。
 FScom (藤井雅博・藤井俊彰・早川奏太)
 Oyan’s(怡土世治)
 TEAM ICHIHARA
              (中村一芳・正司敏郎・井上晃弘・高田奈緒・山本papa
                髙橋秀樹・坂巻令二&ママ・谷澤一家)
 市原ストリートスケートメイト
     (菅沼民代・鈴木大雅・tatuma君・足立君)
 船橋フリースタイルスケートメイト
     (長須賀ご夫婦)
*スペシャルタイムです。
イベント終了後、軽スポーツ広場ライトアップ
Oyan’sとMOGUさん。(^^)/

また会いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です